地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、赤穂市・備前市・上郡町の地域ポータルサイト「東備西播ともりんく」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

赤穂市・備前市・上郡町の地域ポータルサイト「東備西播ともりんく」

非核平和推進事業

ここから本文です。

更新日:2017年8月7日

非核平和推進事業

赤穂市では、昭和60年に非核平和都市宣言を行いました。
そして、平和の尊さを認識し、核兵器のない平和な社会の実現を目指すため、以下の事業を行っています。

非核平和展

戦争の悲惨さに触れることにより、市民一人ひとりが平和の尊さを学ぶ機会として、毎年8月に「非核平和展」を実施しています。
平成27年には、戦後70年平和祈念映画上映事業として、映画「アオギリにたくして」を赤穂市文化会館で上映しました。

展示内容

サダコと折り鶴の展示の写真ヒロシマ・ナガサキ原爆ポスターの展示、被爆者が描いた原爆の絵、戦争にまつわる実物資料の展示、核兵器廃絶署名コーナー等

平成29年度非核平和展を開催しました。

 

平和学習会

平和学習会の写真市内の小学5年生、6年生を対象に、平和の尊さ、戦争のおそろしさ、核兵器の廃絶を考える機会として広島平和記念資料館・広島平和記念公園等を見学する平和学習会を毎年7月に開催しています。

 

 

 

被爆アオギリの植樹

1945年8月6日午前8時15分、一発の原子爆弾により広島の街は廃墟と化し、その年の暮れまでに14万人もの広島市民が亡くなりました。「被爆アオギリ」の親木は爆心地から1300メートルの距離にある旧広島逓信局の中庭で被爆しました。爆心地側の幹半分が原爆の熱線と爆風により焼けてえぐられましたが、焦土の中で青々と芽を吹き返し、市民に生きる勇気と希望を与えました。
戦後70年を迎える平成27年度に、核兵器廃絶を目指す自治体でつくる平和首長会議より「被爆アオギリ2世」の苗の寄贈を受け、赤穂市文化会館の広場に植樹しました。このアオギリの木が大きく育ち、平和のシンボルとなることを願っています。

平成28年6月のアオギリの様子

写真:平成28年6月のアオギリの様子

平成28年8月アオギリの様子

写真:平成28年8月アオギリの様子

平成29年6月のアオギリの様子

写真:平成29年6月のアオギリの様子