地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、赤穂市・備前市・上郡町の地域ポータルサイト「東備西播ともりんく」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

赤穂市・備前市・上郡町の地域ポータルサイト「東備西播ともりんく」

赤穂市・備前市・上郡町(赤穂市・上郡町・備前市)エリア選択

もとひでの『日々感謝』更新

ここから本文です。

更新日:2018年11月14日

平成30年度11月

 

 

 

平成30年11月11日第8回赤穂シティマラソン大会

第8回赤穂シティマラソン大会スタートの様子の写真明石市長が給水所で水を配っている写真

全国37都道府県から4814名のランナーをお迎えして、第8回赤穂シティマラソン大会が好天のもと開催されました。
今回も観光大使や東北及び義士友好親善都市からもゲストランナーをお迎えしたほか、大会テーマ曲作曲の園田涼さん、ゲストアンバサダーに北京五輪日本代表の小林祐梨子さん、プレゼンターの2018年ミス日本グランプリの市橋礼衣さん、女子プロサッカーのASハリマアルビオンの選手の皆さんが大会を大いに盛り上げていただきました。ありがとうございます。
ランナーの皆さんは、人情味あふれる市民の沿道での声援や、瀬戸内海の風光明媚な海岸線を駆け抜け、赤穂の自然や歴史文化を肌で感じていただいたものと思っています。
スポーツニッポン新聞社、ミズノ株式会社をはじめ、自治会、企業、多くの団体など、ほんとうに市民の皆さんの支援や協力を得て、さしたる事故もなく成功裏に終えることができ、ありがたく思っています。皆さんありがとうございました。

子どもたちが走っている写真小林祐梨子さんとが子どもと一緒に走っている写真

 

 

 

平成30年11月4日赤穂でえしょん祭り(赤穂城跡特別会場)

赤穂でえしょん祭りの会場の様子の写真赤穂でえしょん祭りであいさつしている明石市長の写真

赤穂でえしょん祭りが、今年は県立海浜公園から、お城通り~赤穂城跡のコースで開催されました。
各地から世代を超え多くの踊り手が、衣装もお化粧もいろいろと工夫され、披露していただきました。
このイベントは、特に“躍動する踊り”でエネルギッシュで、赤穂のまちに元気を与えてくれます。多くの方との交流をバックに人の輪が広がり、活気ある元気の源となります。
でえしょん連絡協議会をはじめ、お世話いただいた関係の皆さんありがとうございます。

 

 

 

平成30年11月4日第30回忠臣蔵旗少年剣道大会記念大会(市民総合体育館)

忠臣蔵旗少年剣道大会記念大会開会式の写真忠臣蔵旗少年剣道大会記念大会試合の様子の写真

全国から134のチーム、総勢約850名の剣士をお迎えし、記念大会が盛大に開催されました。それも30回という節目を迎えました。大会の開催にあたり、これまでご尽力をいただいた皆様をはじめ、市民の皆様のご努力に感謝申し上げます。
これまで、赤穂の地で多くの名勝負が繰り広げられ、選手の皆さんが大会の歴史に名を刻み、赤穂から飛躍していったことだろうと思います。
剣道を志す少年少女の皆さんがお互いに交流し、深めて、全国へ義士の心を伝えるなど、この大会が果たしてきた役割は大きいものがあると思っています。今後もさらに歴史、伝統ある大会となるよう努めてまいります。
毎回、開催の都度思いますが、参集する少年少女の皆さんの“礼儀正しさ”には感服いたします。皆さんありがとうございました。