地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、赤穂市・備前市・上郡町の地域ポータルサイト「東備西播ともりんく」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

赤穂市・備前市・上郡町の地域ポータルサイト「東備西播ともりんく」

住宅ローン「フラット35」子育て支援型、地域活性化型の利用について

ここから本文です。

更新日:2018年4月12日

赤穂市で住宅を新築・購入される子育て世帯・UIJターンされる方へ

【フラット35】子育て支援型・地域活性化型
5年間の金利を通常より0.25%引き下げます!

定住支援推進事業の「若者世帯住宅取得支援金交付事業」または「転入者定住支援金交付事業」の対象者が、住宅の取得にあたり住宅ローン「【フラット35】子育て支援型」または「【フラット35】地域活性化型」を利用する際、一定の要件を満たす場合に、5年間の金利を通常よりも0.25%引下げる優遇措置を受けることができます。

要件等

対象事業名

【フラット35】の種別

主な要件

赤穂市若者世帯住宅取得支援金交付事業

【フラット35】子育て支援型

(若年子育て世帯)

  • 申請者又はその配偶者のいずれかの年齢が満45歳未満であること。
  • 申請者に義務教育終了前の同居し扶養する子があること。
  • 若者世帯住宅取得支援金の額が、新築住宅を取得する場合は25万円以上、中古住宅を取得する場合は20万円以上であること。
  • 取得する住宅が一戸建て住宅などの場合は床面積が70平方メートル以上であること。

赤穂市転入者定住支援金交付事業

【フラット35】地域活性化型

(UIJターン)

  • 赤穂市外から赤穂市に転入するものであること。
  • 転入者定住支援金の額が、新築住宅を取得する場合は25万円以上、中古住宅を取得する場合は20万円以上であること。
  • 取得する住宅が一戸建て住宅などの場合は床面積が70平方メートル以上であること。

手続方法

赤穂市が発行する「【フラット35】子育て支援型・地域活性化型利用対象証明書」を、借入れの契約時までに【フラット35】取扱金融機関に提出する必要があります。

申請書類等、詳細については赤穂市市民対話課定住推進担当までお問い合わせ下さい。

提出書類

「要件等確認チェックシート」については該当する事業のいずれかを提出してください。

  • 世帯全員の住民票の写し